避雷設備などの自然災害への対応とその費用を知る

安全に暮らすために避雷針の必要性を知ろう

ピックアップ

被害を減少させる対策

近年建築物には多くの災害に対する最低基準のようなものが数多く設定されています。これは異常気象や大きな災害が実際に起こった時に対応できるようにすることが目的です。

電力を自分で賄う

電力問題は定期的にあります。これは発電環境が安定しないといった問題もあります。その為、最近の傾向として、自分達で電力を賄う太陽光発電を導入する家庭が増加してきています。

地震対策

地震がもたらす被害はとても大きく、住宅などの大きな財産もなくしてしますことがあります。その為、簡単になくさないように、予め耐震工事を行い耐久性を高める流れが現在ではできています。

設置設備の活用

避雷設備の仕事の変化について

避雷設備の工事は高い建物で行われるものです。工事する現場が高い場所にある事は複数の問題があります。例えば外部からの影響を受けやすい点です。強風に晒されている中での仕事は、天候面に配慮した上で実施しなければなりません。しかしそれは仕事を行う日に天候面の要素を加えるだけで十分です。仕事を進められなかったら後に回すという方策もあります。問題は避雷設備の工事に高所作業車が必要になる場合です。登る事も難しい場所だと高所作業車の活躍が不可欠になります。避雷設備は雷の落ちやすい場所が条件なので、道具を使わなくては仕事が難しいのです。しかし以前よりも道具の種類が増えたおかげで、高所作業車が絶対不可欠なツールではなくなっています。

小さい建物に避雷針が備え付けられるようになる

避雷設備は20メートル以上の高さを持つ建造物でのみ設置されていました。それ以外の建物は法律の範囲外であるため、出費をしてまで工事する事を望まなかったからです。その前提が近年になって覆されつつあります。20メートル未満の建物に、避雷設備の工事を望む人が増えているのです。避雷設備は建物内を守る事にありますが、人命以外に防御すべき対象が多くなったせいで変化が生じたと言えます。守るべき対象とは精密機械の事であり、壊れた場合のダメージは計り知れません。今後は更に精密機械の導入が増えると言われています。それは落雷による損害額の上昇を意味しているのです。可能な限り壊れないようにするため、小さい建物に避雷針が設置される事は増えていきます。

ピックアップ

音を小さくする工夫

住宅に設置してあるシャッターなどはよく騒音として認識されがちです。電動のものや手動のものなど様々ですが、音は多きな問題です。これを改善する方法があり、施す工事も短時間で済む方法があります。

環境に優しく高耐久

FRPライニングと呼ばれる手法があります。これは物の耐久性を高める加工方法で、プラスチックを強化したような耐久性の大きな向上を得ることができるものです。現在では多くのものに実用されています。

Copyright © 2015 避雷設備などの自然災害への対応とその費用を知る All Rights Reserved.